~美と長寿のカギ~炭酸部長のブログ › ストレッチの落とし穴

2018年10月26日

ストレッチの落とし穴

初回来店時のカウンセリング時に、
「セルフケアは、されてますか?」
と、質問させていただくと一番多い答えが

「ちょっとだけ、ストレッチしてます」です。

普段から、筋肉や関節が硬いことを自覚され
テレビの健康番組や雑誌に載っている

・1日にたった5分で〇〇に効くストレッチ
・誰でも簡単に肩こり改善ストレッチ

というキャッチコピーを信じた結果
肩や股関節を痛めて来院される方がいるという
現実との矛盾は、どこから生まれるかというと


【左右のバランスが崩れていることに気づいていない】
 日常のクセにより左右の筋肉や関節の可動域は
 差があるものです。
 それを知らずに左右同じ角度や圧をかけたことにより
 逆に痛めてしまった。

【正しく伸ばす角度を知らない】
 筋肉や関節には、正常範囲の可動域があります。
 正しい軸からずれていたり、無理に可動範囲を超えようと
 ご自身の限界を超えてしまった。

【呼吸をとめて頑張っている】
 筋肉や関節が伸びるには、脱力が必要です。
 頑張って伸ばそうと、呼吸を止め頑張ってもケガの元

【パーソナルストレッチを知らない(アドバイザーがいない)】
 テレビや本を見ただけで、伸ばすべき筋肉に
 正しくアプローチできてるか、わかりますか?
 知識や経験のある人に聞くのも大事ですよ!

以上4点に当てはまらない方は、そのままお続けください。

一つでも当てはまる方は、一度自分の体の状態を把握し
正しいストレッチを実践してください。



Posted by 炭酸部長 at 16:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。