~美と長寿のカギ~炭酸部長のブログ › 凝っている、凝っていないを決めるのは誰?

2020年03月09日

凝っている、凝っていないを決めるのは誰?

美容室でシャンプーの後
「凝ってますね」って言われるけど
自覚がないあなた!!

気を付けた方が良いですよ!

凝っているのは、筋肉が硬くなり
血流が悪くなるからだと言われます。

お風呂で温めると一時的に血流があがり
楽になる方はそこが原因と思われます。

しかし、温めて血流を上げても
慢性的に凝っている場合は、
楽になっていることに気づけない
ということがあります。

その場合は、
①我慢しすぎて凝っていることが普通になっている。
②血流が改善したくらいでは筋肉が緩まない
 (体を守るために緊張しているので脱力できない)
③脳の情報処理能力を超えている
 (ストレスが強すぎて自律神経が過敏状態)
などが考えられますが、
最近は、③の方が多いように思われます。

コロナウイルス、花粉症、急な気温の変化
など脳のキャパシティーオーバーにより
重度の筋緊張から来る凝りが増えています。

凝っている、凝っていないその答えは
あなたの脳に余裕がないと
私にも判断できません、、、
凝っている、凝っていないを決めるのは誰?



Posted by 炭酸部長 at 19:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。