~美と長寿のカギ~炭酸部長のブログ › 傾聴するということ

2018年04月17日

傾聴するということ

新規の患者さんが来られると
視診・問診・触診という流れで施術を行います。

「どういう悩みがありますか?」
「いつが一番痛いですか?」
「どういう動作の時に痛みますか?」

など聞いていきますが、

「聞く」と「聴く」の違いを前職の
介護職の時に気を付けていました。

ただ何となく耳に入ってきているのか
集中して耳を傾けたいるのかで
利用者さんの反応が、全く違います。

自分の親と同じような年長者に対して
忙しさにかまけて聞き流してしまった後の
空気感は今でも背筋が寒くなります。

整体院に来られる方は、
色々な悩みや痛みをお持ちです。

当院に来られるまでにも
何件かの治療院に行かれている方が
ほとんどの状況で
問診時や施術時に
ちゃんと傾聴できていると
胸を張って言える自信はないですが
常に心がけています。







Posted by 炭酸部長 at 19:54│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。