2018年01月10日

脱力の重要性

最近ご来院される患者さんに共通しているのは
脱力の仕方がわからないと言われること。

「力を入れてください」とお願いすると
強弱の差はあるにしても力が入ります。

「力を抜いてください」とお願いすると
「抜いてるつもりです」とか「抜き方がわかりません」
という言葉が返ってきます。

筋肉をバッテリーに例えると
充電しながら放電している状態で
いざ力が必要な時にバッテリー不足で
足りない分を他のところから借りてくる
かばうことにより、歪みがおこるし
今痛いところが直接の原因になっていない
ということがおこります。

まずは、脱力して寝れる体を手に入れませんか?  


Posted by 炭酸部長 at 17:20Comments(0)